トップ > 税金について注意したい点

税金について注意したい点

 税金についての知識は、知っているのと知らないのとでは、損得で考えた場合雲泥の差が出る事があります。  税金は何らかの法律により決められています。  税金について注意したい点を過去の事例を含めて紹介したいと思います。  まず一点目です。それは枠という考え方です。  通常税金というのは、枠によって金額が決まっています。 この金額までは税金がかからないという非課税枠があります。税金の額も、一定範囲の枠によって金額が決まっている事が多いのです。  何らかの税金がかかる可能性がある場合は、必ず税金の枠を確認しましょう。  出来るだけ枠に収まるようにしたいものです。少しでも枠を超えてしまうと高いランクの税金を納めなければなりません。  二点目は、税金を決めている決まり、いわゆる税制といわれている制度は変わるという事です。特に有利に働く税制は変わってしまう可能性が高いと考えて間違いないでしょう。  有利な税制は、使わないのと使うのでは、相当の違いが生まれてきます。  過去にも税制の変更前と変更後では大変な税金の差が生まれたケースも少なくはありません。  税制の変わり目には必ずそれを取り上げた金融商品の駆け込み需要が発生します。金融機関の営業マンなどに何らかの商品を勧められた時には、すぐに判断するのはやめましょう。税制に沿って処理していく事は脱税ではありませんが、税理士などの税金の専門家に相談した方が良いでしょう。  税金というのはその時その時の決めごとによって変わってきます。  税金については少し興味をもって、制度が変わった時には生活にどう影響するかは確認していく必要があるでしょう。 決算書作成・法人税確定申告書作成依頼なら、決算駆け込みセンター【東京都の税理士】 http://www.e-kessan.net

前の記事 | 

関連記事