トップ > 増税による国民の負担、明るい未来はやってくるのでしょうか

増税による国民の負担、明るい未来はやってくるのでしょうか

国民の義務として納めなけらばならないのが税金です。
一般的に義務と言う言い回しをしているので、ここでも使います。
この義務は当然日本という国を運営していく上で支える、基本的なお金です。
国民の税金は、企業なら法人税、個人なら市に納めなければならない市民税、そして物を購入する時の消費税があります。
それらの税金で今国民はとても苦しい事態になっているのではないかと思います。
納めなければならないお金を納めず、あるいは納められない事情のある国民が増え、日本という国自体も厳しい状況です。
お金が足らないと言って段階的に増税することが決まっている消費税ですが、この税金は社会福祉として使われることになっています。
けれど本当に国民のために社会福祉のために回っていくのか疑問に思う点です。
毎年スライドしていく厚生年金保険料にしても、我々の将来の年金になるお金とはいえ、来年度は1%の減額が決まっているのです。
高く払っているのに受け取る年金が減っていく矛盾。
もちろん将来を支えるお金として残しておくべきお金ですが、年金受給者は非常に苦しいはずです。
そのようにして税金に関しても、初めの約束とは異なることが起これば、ますます納税の義務を怠る国民も出てくるのではないかと思われます。
非課税者には消費税の増税に合わせて取られる措置として、1万円の支給を決めていますが、それも継続的に支給されるものではありません。
この苦しい状況から脱して、税金を納めてよかったという日が本当にやってくるのかどうか。信じて待ちたいです。

 | 次の記事

関連記事